このページの本文へ移動

看護連盟とは

看護連盟の活動

国民の健康と福祉の向上を目指し、さまざまな活動を推進しています

ベッドサイドの問題を政策に掲げます。

研修会 支部主催研修会 県主催研修会 本部主催研修会 政治アカデミー
政治啓発活動 看護職全体に共通する労働条件の改善や、職場で直面する諸問題をみんなで話し合い、政治的解決に向けて取り組みます。
また、社会の人々の理解を得て、一緒に活動いたします。
代表議員および
地元国会議員との
交流・情報交換
講演会 国会見学 セミナーへの参加


代表議員を政策決定の場へ送ります。

後援会活動 普段から代表議員の政策を看護現場や支援者に伝えたり、看護職一人ひとりの政治への関心度を高める活動などを行います。
選挙運動 私達の力で国会や地方議員に代表者を送ります。また看護に理解ある国会議員や地方議員を推薦しこの方々の力も借りて問題解決まで努力します。
陳情・請願活動 組織としての意見をまとめ、国や自治体の政策に反映されるよう国会・行政官庁・地方議会に働きかけます。


平成28年度三重県看護連盟活動計画

重点目標
 ①会員は第24回参議院選挙に必ず投票する  ②確かな政策実現力を持つ
 ③強力な集票力を持つ  ④多くの人材提供力を持つ


区分 目標 新規事業 活動 手段 内容・目標 等















1 看護政策に関する議論を活発に行える状況(環境)をつくる 1)会員への情報提供をより効果的に行う ・機関誌アンフィニ(3回/年)利用  ・情報提供・情報交換
・ホームページの充実 Faxニュース(2回/月)メールマガジン(1回/月) ・インターネットによる看護政策に関する情報発信
2)「現場の声」を国会・地方議員等に積極的に伝える ・「現場の声」収集と集約→本部に提出
・三重県の看護を守る議員連盟との交流
3)看護協会とともに陳情・要望活動を行う ・支持政党への要望活動・懇談 看議連等の活用 ・看護協会との合同会議1回/月開催
4)看護現場の課題を社会に伝える ・看護を支援する国会・地方議員・地域住民との ・地域活動  ・選挙応援
5)非看護職議員を支援する  日常関係を強化する
6)政党マニフェストに看護現場の意見を反映させる ・要望書の提出  要望趣旨の説明面談
2 看護職国会議員への支援/評価 1)第24回参議院選挙の推進 ・会員数以上の票を獲得する選挙の実施 ・会員確保(協会員比率60%以上の会員確保)
2)次期選挙に向けた体制を整備する ・会員数以上の票を獲得するための活動方針の徹底周知 ・投票行動ができる会員を確保する
3)関係団体との連携を強化する ・関係団体へ訪問を重ねる
3 国会への影響力を強める 1)看護問題対策議員連盟・看護問題小委員会への影響力を強化する ・看護問題対策議員連盟の活用 ・「現場の声」活用促進委員会事業を政策提言活動に反映させる
2)国会議員との勉強会を実施する ・県で勉強会等の開催 ・看護問題について積極的な発言や説明をする
3)国会議員の主催する会合へ出席する ・講演会等への参加










4 地方議会への影響力を強める 1)三重県看護を守る議員連盟との交流をもつ ・三重県看護を守る議員連盟の議員の活用 ・三重県の看護を守る議員連盟との連携を深める
2)県・市会議員との勉強会を実施する ・政策勉強会を持つ ・地方議員に看護連盟の事を理解してもらう
・連盟の研修に議員に講師として参加してもらう
3)県看護連盟の政治力を強化する(選挙をできる人材を多数抱える) ・選挙応援 活動応援 地域活動
5 中長期的視点に立ち議員候補者を 育成する 1)看護職地方議員を擁立するための人材育成 ・三重県の看護を守る議員連盟との交流
・看護師議員の支援を行うことを日常的にアピールする ・看護職議員を三重県から3年以内に選出する
2)政治アカデミー卒業生の積極的活用 ・看護協会と共に研修会、勉強会の開催 ・研修会の講師になる 















1 支部の主体的活動の促進 1)三重県看護協会会員の60%以上の連盟会員数を獲得する ・支部毎の目標管理 ・目標達成を意識した日常活動
2)リーダーの自主性促進を図る ・リーダーセミナーの開催 ・各支部にリーダーの増員をはかる
3)第24回参議院選挙の推進 ・支部の目標以上の票獲得する選挙の実施
2 支部組織の充実 1)支部役員・リーダーの数を充実させる ・全病棟にリーダー複数設置 ・活動内容、目標値の確定 
2)支部役員・リーダーの意識強化を図る ・支部役員会の定例化・研修会の開催 ・ミニ研修 続基礎研修等を開き 現場の声をまとめる
・支部長はリーダーが役割を果たせるよう支援する
3 東海北陸ブロック活動の強化 1)東海北陸ブロック内の連携強化 ・情報の共有・諸事業の共催 ・東海北陸ブロック研修(看護管理者・看護教育者) H28.11/18~19(三重県)
2)若手会員の連携促進と意識強化 ・ブロックポリナビ集会の開催 ・東海北陸ブロックポリナビワークショップ H.28.5.8  (富山県)
4 看護管理者の意識を高める 1)看護管理者や看護教育者の政治参加を進める ・看護管理者トップセミナーを開催する ・県主催による看護管理者・看護教育者ワークショップ
・18歳参政権を機会に看護教育者に意識変革を働きかける
5 若手会員の育成 1)若手会員の主体的活動を充実・促進させる ・ポリナビワークショップ等の開催 ・県でのワークショップを年1回開催するH28.10.21
2)積極的に県・支部の役割に登用する ・県・各支部に役員の設置 ・県で青年部の組織化を推進する 
6 学生会員の獲得と育成 1)学生会員に看護政策及びその実現の必要性について学ばせる ・アンフィニ、連盟グッズ等の情報提供
・入学・卒業式への支援(出席)
・ポリナビやワークショップ等への参加呼びかける
・卒業式、入学式の祝辞・祝電・花束贈呈で看護連盟をアピールする
・看護教員に政治の必要性・主権者教育をカリキュラムに入れることを要請する
7 組織のあり方の検討 1)組織強化を図るため体制・運営等について検討する ・合同会議での積極的意見を求める ・今後の連盟のあり方等について諮問する
8 看護連盟の理解者を増やす 1)異動・退職会員の動向を把握する ・異動・退会届出の徹底 ・異動・退職時の内容変更届出の提出
2)他団体及び地域住民との連携強化を進める ・地域活動・意見交換会 ・地域社会等との信頼関係構築
・賛助会員への呼びかけ

















9 リーダーの養成 1)リーダーの自主性促進のためのセミナーを開催する ・リーダーセミナー ・各支部にリーダーの増員をはかる
10 各選挙に積極的に参加する 1)役員・会員の選挙活動の経験を高める ・地方選挙活動に積極的参加 ・政治は夢をかなえる手段であることを体験する
11 継続的な研修受講により連盟 1)基礎研修の実施 ・支部主催 ・会員管理システムへの研修結果登録
  活動への理解を深める 2)続・基礎研修の実施 ・支部主催 ・基礎研修用DVD・原稿の配布(各支部宛)。研修修了者には修了証を発行する
3)リーダー研修の実施 ・県主催 ・アンケートやグループワークの意見を反映した内容の研修
4)新支部長研修の実施 ・県主催 ・自分たちの指揮を高めるための交流会をもつ
5)看護管理者・看護教育者トップセミナー ・県主催 ・年間スケジュール(教育含め)をホームページに掲示する
6)看護管理者・看護教育者看護政策セミナーの実施 ・東海北陸ブロック主催 ・新人研修は全員が参加できるように1回ではなく各地区で行う
7)若手会員研修・一般会員研修・ОB懇親会等の実施 ・県主催






12 会員・非会員に対する広報活動を推進する 1)機関誌アンフィニ・Weeklyアンフィニ・メールマガジンを活用する ・機関誌アンフィニ・Weeklyアンフィニ・メールマガジン ・機関誌アンフィニ(年3回)
・Weeklyアンフィニ(隔週水曜)活用
 メールマガジンの活用
2)機関紙しろちどりを発行する ・機関紙しろちどり ・機関紙しろちどり投稿の協力(年2回)
3)青年部機関紙Petit Ange Newsを発行する ・青年部機関紙Petit Ange News ・青年部機関紙Petit Ange News(年3回)
4)看護連盟ホームページを運営する ・連盟ホームページ ・内容の充実と的確な更新
5)看護連盟に対する会員の理解を深める ・連盟紹介ビデオ活用、会員バッヂ(新入会員) ・各種グッズの更新・活用
・会員ハンドブック
・各種グッズ
・機関誌
6)政治・選挙に関する会員の理解を深め、行動する会員を育成する
7)看護職議員の活動を周知する ・連盟ホームページと議員ホームページの活用 ・議員の活動を会員に周知徹底する
・メールマガジン、Faxによる活動内容の活用
・国政における看護職議員の活動報告を活用 ・国政報告会への参加、各議員事務所との連携をはかる









1 施設・支部・県・本部・協会の一連した組織活動を推進する 1)定例会議等を通して本部・県・支部の連携を強化する ・総会(本部・県) ・1回/年開催
2)本部・県・支部間の日常の意見交換を通して意思疎通を図る ・全国会長会 ・3回/年開催(4月、6月、1月)
・ブロック別会長会 ・1回/年開催(2月~3月)
・県別会議 ・1回/年開催(10月8日)
・ブロック協議会 ・適時開催
・県役員・支部長合同会議 ・1回/月
・支部役員会等 ・適時開催
・施設連絡員会 ・適時開催
・委員会(教育・広報・青年部) ・適時開催
3)協会との連携を強化し、意思疎通を図る ・協会・連盟合同会議 ・1回/2月開催
4)支部の運営を支援する ・月次報告 ・毎月
2 事務局の運営を適正に行う 1)会員を適正に管理する ・会員管理システム更新 ・会員管理システムの活用を見直し、機能強化を図る
2)財政を適正に管理する ・政治資金規正法の遵守
3)職員を適正に管理する ・日本看護連盟諸規則の遵守
3 選挙対策・総会準備実行委員会開催 1)実行委員会開催 1回/月 ・政策セミナーの成功
  三重県で政策セミナー開催 2)連盟会員の参加 ・看護管理者に連盟を理解してもらう。会員数増加の協力を得る




1 慶弔への対応 1)規約に基づき対応する ・災害見舞い、物故者への弔慰
2 東日本大震災・各地の激甚災害への対応 1)激甚災害発生地への支援 ・被災地で頑張っている看護の仲間を応援する    ・復興支援の継続
3 傷害保険の対応 1)専門家と相談の上、速やかに対処する ・会議・研修(本部・支部)の人数・内容報告する
                                                         ※リーダーは施設連絡員を指す  H28年8月27日